スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけのザク

おまけのザクです。

ジョニーライデンのフィギュアもあります。DSC08677.jpg
DSC08701.jpg
DSC08703.jpg
DSC08698.jpg
DSC08699.jpg
スポンサーサイト

MG MS-06R-2 ジョニーライデン専用機

MG ジョニーライデン専用高機動型ザクⅡを製作しました。
シャア以外にも赤い機体を使うヤツがいたっ!!しかも真紅!!子供のころはそれだけでテンションが上がったもんです。
思い入れもなかなか強い機体なので、いろいろと手を入れて好みの形を作り上げました。
頭部
つぶれた感じを出すために、ヘルメットを裏打ちしてから削り込み。加工しやすいように、レジンで複製してから整形しています。
胴体
胸部中央ブロックはボリュームアップして、ここもレジンに置換し整形。胸部両サイドは、プラ板でボリュームアップし、形状を若干変更。フロントスカートにプラ板を貼り、幅増ししています。
腕部
スパイクアーマーは、市販のメタルパーツに変更しています。
手首は、B-CLUB製のものを使用。
B-CLUB製の銃器用手首は、そのままだと干渉してうまく構えることができないため、
付け根を市販のジョイントパーツに変更し、可動できるようにして
ジャイアントバズーカを構えるのに支障がないようにしています。
脚部
スネの部分を開口し、ディテール入りのプラ板を貼り、密度感をアップ。足の甲のアーマーを中央で分割し、幅増ししてスカスカにならないように。足の裏のバーニアは、真ん中をくり抜いてメタルパーツでディテールアップ。メインバーニアは全てフチを薄く削っています。

武器類は、スコープを市販のクリアパーツに変更しています。ヒートホークは、カラーをシンプルにし他の武器と馴染むように。その他、全身にRGを参考にしたスジ彫りを施し、高機動ユニット部分は違和感が出ないようにスジ彫りを追加。

塗装は、メインの赤を調色するのに時間がかかりましたが、納得の色が出せたと思います。

DSC08704-2.jpg
DSC08715-2.jpg
DSC08708-2.jpg
DSC08655.jpg
DSC08656.jpg
DSC08670-2.jpg
DSC08659-2.jpg
DSC08671-2.jpg
DSC08657-2.jpg
DSC08662-2.jpg
DSC08669-2.jpg
DSC08666-2.jpg
DSC08665-2.jpg
DSC08663-2.jpg
DSC08661-2.jpg
DSC08660-2.jpg

MG ジオング 完成!

このキット、途中まで改修しながら長いこと放置していたのですが、

ようやく完成にこぎつけることが出来ました。

ジオングってやっぱりいいですね~♪

ワタシにとってジオングは、大きく凶悪なイメージがありますので、それを再現すべく改修しました。

頭部 : 目つきを悪そうにし、輪郭もシャープにしています。モノアイは市販パーツを使い、サイドにサブカメラもセットしています。

胴体 : 胸幅が広いと感じたので、可動をオミットし、フレームをギリギリまで削り込んで角度をつけて調整しています。

     また、最近の作例では、MGとHGUCをミキシングして腹部が2段になっているものが多く、

     ワタシ的には違和感があったので、していません。

     背面は、中央部を切り抜き、フレームを露出させています。

肩、腕部 : 凶悪さを表現すべく、いかり肩になるよういったん切り離し大型化、すき間にはディテールを入れています。
       
       一部、内部フレームが露出するよう切り欠きを入れています。

スカート部 : 内部フレームに段差をつけ、それに合わせて外装を調整。2ミリ程度大きくしています。

        スカート後部を切り離し、スライドしているようにし、内部にメカディテールを追加しました。

        スカート前部の一部を切り離し、形状変更しています。

その他、全体にスジ彫りを施し間延びしないようにしています。

カラーは、いろいろ調色しながら使用しています。

デカールを貼り、クリアーを吹いて完成させました。
DSC08574.jpg
DSC08573.jpg
DSC08586-2.jpg
DSC08583-2.jpg
DSC08589-2.jpg
DSC08590-2.jpg
DSC08591-2.jpg
DSC08578-2.jpg

HGUC サザビー 完成品

DSC08339.jpg
DSC08354.jpg
DSC08341.jpg
DSC08342.jpg
DSC08348.jpg
DSC08353.jpg
DSC08340.jpg
DSC08344.jpg
DSC08358.jpg
DSC08357.jpg
DSC08349.jpg
DSC08350.jpg

MG THE-O ジ・オ 完成

MG ジ・オ完成させてみました。

DSC04776.jpg

デカくて、それでいて機動力もある、そんなMSを木星帰りの天才ニュータイプが自在に操る。

何といっても、シャアやカミーユを追いつめるゼータのラスボスMSです!

嫌いなワケありません、大好きなMSのひとつであります!

かつて、各社からガレージキットが出ていたころ・・・・・

ワタクシもいくつか買いました。

今ではジャンクの山に眠っていますが・・・・・

1/144でも十分に大きくて組むのが大変だった・・・という記憶だけは残っています。

そんなジ・オがMGで出る時はそりゃあ興奮したもんです。

出来は・・・・・正直大味な作りだなあ~とは思いました。

その時の他のMGと比べると、2世代前くらいのクオリティですかね。

ただ、そのおかげで切った貼ったしやすいというメリットがあったのは良かったですね。

股関節や足首の弱さを改善して、手足の付け位置のバランスをちょっと弄るだけでもカッコ良くなります。

少なくともワタクシのイメージに近づけることが出来ました。

DSC04778.jpg
DSC04779.jpg

頭は自分のイメージを優先して、ひさしを狭くして目つきを鋭く。

エポパテで頬当てから後頭部にかけてのラインを変更しています。

頬ダクトは市販パーツを加工して使用

首の付け根基部はくりぬいて、頭が埋まる感じになるよう2ミリ程度下に下げています。

DSC04774.jpg
DSC04777.jpg
DSC04781.jpg
DSC04782.jpg

上腕は、思い切って6ミリ程度延長しています。

DSC04787.jpg

股関節と足首がこのキットの最大の(?)弱点かな~と。立ち姿が決まらないんですよね~・・・・・

そのためMGシナンジュのものに変更しています。それに伴い大腿部のスライドをオミットしました。

立ち姿・・・・・決まるようになったんじゃないかと自己満足♪

塗装は、面がデカイのでドット迷彩を試してみました。まあまあ似合っていると思います。

もうちょっと細かい部分までしっかり手を入れたいなあ、と思うところはありますし、

次に作る時はこうしたい、という構想もありますが・・・・・

ひとまずは満足しています。

DSC04783.jpg



プロフィール

キョージロー

Author:キョージロー
オヤジになってもガンダム作り続けるぜっ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。